【ZohoCRMファン】 > 新着記事 > イベントセミナー案内 > 5月18日開催【ZohoDeskウェビナー】サポート業務は可視化できる! サポート部門のボトルネック解消術
5月18日開催【ZohoDeskウェビナー】サポート業務は可視化できる! サポート部門のボトルネック解消術

2022年5月18日(水) 11:00-11:20

サポート部門のリソースがひっ迫しやすく、「問い合わせが減らない」、「担当者の工数が増え続けている」とお悩みではありませんか?担当者のパフォーマンス、チケット過多、情報共有の不足など、さまざまな課題で溢れかえっている企業が多々あります。

しかし、従来のメールソフトやExcelでのチケット管理では、こうした課題を解消することは困難を極めます。 人海戦術に頼ったとしても、根本的な解消にはつながりません。むしろ、対応ノウハウが浅い新人を増やすことで、返ってベテラン層にかかる負荷が高くなり、さらなるリソースのひっ迫状況を招く恐れもあります。

あらゆる情報のデータ化が進む昨今、こうしたボトルネック解消にもデジタル革命が注目されています。
実際、ITを利用しこれまで解消できないとされてきた課題をクリアにし、働く人がスムーズに業務できる環境を整えることが、サポート部門のパフォーマンス向上に大きく貢献すると実証されてきました。
当社が提供する問い合わせ管理システム「Zoho Desk 」は、こうしたボトルネック解消を実現し、パフォーマンス向上に貢献しています。

そこで、このウェビナーでは、サポート部門のリソース状況を可視化し、ボトルネックの解消に役立つ情報をお届けします。

主な内容

  • なぜサポート業務の可視化と改善は必要なのか
  • サポート部門で可視化すべき情報とは
  • Zoho Deskを用いたサポート業務の可視化と意思決定例
本ウェビナーをおすすめする方下記のようなお悩みを抱えている経営者、サポート部門の管理職・担当者、サポートアウトソースの管理者の方におすすめです。

  • ヘルプデスク/カスタマーサポートツールの導入を検討している
  • サポート部門のリソース調整をもっと効率よくしたい
  • サポート部門の業務を可視化したい

このZohoCRMウェビナー参加はこちら

(Visited 27 times, 1 visits today)