【ZohoCRMファン】 > 新着記事 > ZohoCRMアップデート > 【ZohoCRMアップデート】Zoho CRMの設定メニューに「Zia」を追加
【ZohoCRMアップデート】Zoho CRMの設定メニューに「Zia」を追加

2020年8月 Zoho CRMの設定メニューに「Zia」が追加されました。

Zia の機能数が増加したことを受け、Zoho CRM の設定画面に個別メニューとして追加されました。

当メニューでは、以下のグループに分類されます。

➤ データエンリッチメント

➤ 予測 – Zia 予測ビルダー

➤ レコメンド – ワークフロー提案、マクロ、割り当て者の提案

➤ コミュニケーション – リマインダー、連絡に最適な時間帯

➤ ビジョン – Ziaビジョン

➤ 会話型AI – Zia Voice

➤ 通知 – ワークフロールール、傾向分析

変更点のハイライト

データエンリッチメント:Marketplaceからデータエンリッチメントが削除され、Ziaの組み込み機能に含められました。 

最適な連絡タイミング:この機能はデフォルトで常に有効になっていましたが、現在、オフに切り替えるオプションが追加されました。

 

Zia リマインダー:リマインダー機能での連絡に最適なタイミングの提示は、[連絡に最適なタイミング]タブに移動します。Zia のリマインダーは、連絡に最適なタイミングと連動しているため、この機能をオフにすると、Ziaのリマインダーもオフになります。ただし、連絡に最適なタイミング機能をオンにして、リマインダーを受信しないように選択することもできます。この場合、Zia は最適な時間帯を計算しますが、リマインダーは通知されません。 

マクロ、ワークフローの提案:これら2つの機能は、[レコメンド]> [システムからのレコメンド]に移動されました。

 

設定ページをカスタマイズしている場合 

タブ名の変更: 予測、レコメンドなどのタブ名を変更している場合、カスタマイズ後の名称を保持した状態が保持されます。たとえば、レコメンドを「おすすめ」に変更した場合、新しくなったUIでもその名称が表示されます。ただし、設定画面に表示されっるレコメンド下に表示されるサブタブは変更後のタブ名に変更ず、元の名称で表示されます。 

タブの並べ替え:設定ページのカスタマイズによって機能の表示順序を変更している場合でも、以下の順序によって再配置されます。

  • データの拡充
  • 予測
  • レコメンド
  • コミュニケーション
  • 会話型AI
  • ビジョン
  • 通知

サブメニューの表示:Zia に含まれるいずれかの機能の表示をオフにした場合、それは変更されません。ユーザーは、必要に応じてこれをオンにすることができます。たとえば、設定ページのカスタマイズ中にユーザーが予測機能をオフに切り替えた場合、その設定はそのまま保持されます。 

Zia カテゴリーの再配置:Zia の機能カテゴリーは、設定ページの最後に配置されます。当カテゴリーが設定ページの別の場所に配置されている場合、現在の配置に従った状態で、最後に移動されます。

ZohoCRM Ziaの情報はこちら

※引用元:Zohoパートナーニュースレター2020年8月号

(Visited 7 times, 1 visits today)